誰でも迷わずすぐに使える

原票会計S

オフィスのペーパーレス化を実現!
電子帳簿保存法に完全対応

読み取ったスキャン文書の内容が
そのまま仕訳データに

「原票会計S」は日々増え続ける納品書・請求書・領収書などをスキャンまたは電子データを認識して仕訳データを作成し、財務システム(財務処理db)へ転記・関連付けを行う仕訳作成支援システムです。光学文字認識(OCR)機能とAI(人工知能)技術を融合させたAI-OCRにより自動的に仕訳を作成し、タイムスタンプの付与後に仕訳データとして財務システムに転記します。電子化した証憑は仕訳データとともにいつでも検索・確認ができるため国税関係書類の廃棄が可能となり、今まで保管にかかっていた費用負担を節減・削減できます。

※原始証憑の廃棄は電子帳簿保存法スキャナ保存制度の要件をすべて満たす必要があります。

お手持ちのPCで
すぐに始められます

日本ICS推奨のスキャナと原票会計Sシステムのみですぐに始められます。

主な特長

登録番号はWeb-APIで照合

請求書などに記載された登録番号の認識と同時にチェックデジットとWeb-APIにより正当性・整合性の確認を行います。無効の場合も通知するため、調べる手間が省けます。

帳簿との関連性を確保

読み取った書類の画像は仕訳データとともにICSの財務システムに転記し、仕訳日記帳、総勘定元帳といった帳簿との相互関連性を確保しています。

AI認識機能で仕訳作成もラクラク

レシートや請求書、クレジットカード取引明細書や通帳に至るまで、読み取ったすべての原始証憑に対して勘定科目や金額、摘要など仕訳に必要な情報を類推します。

低価格でタイムスタンプ付与

スキャナ保存制度の適用を受けるには「一般財団法人日本データ通信協会」認定のタイムスタンプが必要です。ICSではお求めやすいオプション価格でご提供いたします。

電子取引のファイルを読取

インターネットや電子メールで取引した注文書や請求書がPDF形式やJPEG形式であれば、ファイルを読み取るだけで文字認識して仕訳データを作成します。

原票イメージの管理機能

確定した仕訳とともに簡単に検索・管理できる「原票ビューア」を搭載しています。検索や絞り込み機能のほか、いつでも一覧とサムネイル表示の切り替えが行えます。

電子帳簿保存法に
完全対応

電帳法スキャナ保存ソフトとは、領収書、請求書などの国税関係書類について、一定の要件を満たすことで紙文書をスキャナで読み取り、電子データとして保存できるソフトのことです。電子帳簿保存法では、法令で保存が義務づけられている帳簿書類を、一定の要件を満たすことで紙にかえて作成した電子データのまま保存することも認められています。ICSシステムは、日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)※2より電子帳簿保存法の法的要件を満たしたソフトとして認証を受けているため、安心してご利用いただけます。
※1 財務処理dbについてはこちらをご覧ください。
※2 詳しくは公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)をご覧ください。

製品紹介動画はこちら

導入事例

日本ICSの会計システムをご利用いただいているお客様の声をご紹介します

何年経っても変わらない満足度

会計・税務のほか、あらゆる分野の専門家とのつながりを活かしてどんな相談にも笑顔で応じられている税理士法人津田明人税理士事務所様よりお話を伺いま...

税理士法人津田明人税理士事務所

ICSで会計業務を省力化

コスト削減、会計業務の省力化への意識を高くお持ちの、木村文俊税務会計事務所様のお話を伺いました。

木村税務会計事務所 様(大阪府)

申告の仕上げはICS

さまざまな市販ソフトを扱う顧問先に柔軟に対応し、ICSを通して全申告を行われている税理士法人佐藤会計事務所様よりお話を伺いました。

税理士法人佐藤会計事務所(兵庫県)