製品ラインナップ:ソフトウェア

原票会計S

オフィスのペーパーレス化を実現

読み取ったスキャン文書の内容が
そのまま仕訳データに

原票会計Sは、日々増え続ける納品書・請求書・領収書などをスキャナで読み取らせて財務会計システムの証憑が関連付いた仕訳データを作成するシステムです。光学文字認識(OCR)機能により読み取られたスキャン文書は、自動的に仕訳作成され、タイムスタンプの付与を行った後は仕訳データとして会計事務所へ送信されます。今まで保管していた国税関係書類は電子化されたことで廃棄が可能になり、保管にかかっていた費用が節減・削減できます。
※スキャナ保存制度の適用には税務署長の承認が必要です。
※原始証憑の廃棄は電子帳簿保存法スキャナ保存制度の要件をすべて満たす必要があります。

お手持ちのPCですぐに始められます

日本ICS推奨のスキャナと原票会計Sシステムのみですぐに始められます。

主な特長

電話番号から勘定科目を割付

ロゴ化された店名は電話番号を読み取り、プログラムに搭載している電話番号辞書から名称を自動的に割り出し、領収書を読み取るだけで店名・摘要・勘定科目が自動で転記されます。

帳簿との関連性を確保

原票会計Sで読み取ったスキャン文書は、当社の財務システムに仕訳データとともに転記され、仕訳日記帳、総勘定元帳といった帳簿との相互関連性を確保しています。

大量の納品書もまとめて投入

日本ICS推奨の据え置き型のスキャナを使用すれば1枚ずつフタを開けてスキャンしなくても、書類をまとめて差し込み口に投入すれば一気にスキャンできます。

低価格でタイムスタンプ付与

スキャナ保存制度の適用を受けるには、「一般財団法人日本データ通信協会」認定のタイムスタンプが必要です。日本ICSでは「原票会計S」システムのオプションとして安価にてご提供いたします。

電子取引のファイルを読取

インターネットや電子メールで取引した注文書や請求書は、PDF形式や画像データであればファイルを読み取るだけで文字認識され仕訳データ化できます。

原票イメージの管理機能

読み取った原票イメージが簡単に管理できる機能「原票ビューア」をご用意しています。表示方法は一覧表示とスキャン文書がわかりやすい縮小画像表示から選べます。

原票モバイルを使ってレシートを
簡単に原票会計Sへ送信!

原票モバイルは、領収書をスマートフォンのカメラで撮影して、読み取り画像をAIで文字認識後、原票会計Sに送信する便利ツールです。
※原票モバイルを使用するには別途管理ツールが必要です。

製品紹介動画はこちら