税理士法人Comsia

人をダメにする会計ソフトとの共存

構成人数
12名(うち有資格者6名)
システム構成
TS(Atlas620×TS子機10台)
事務所歴
45年 ※昭和47年開業 平成26年法人設立

勉強先から自事務所に帰ってきたとき、ICSには困りました

他社製品を使用していた事務所から戻られた先生。ICSのシステムに慣れるまでに困ったところはありましたか?

慣れるまでに困ったところは一切ありませんでした。それより困ったのは、当時の事務員が皆ICSに頼りすぎていたところでした。なぜなら、ICSは全部できてしまうんです。 前の事務所では他社ソフトを複数使用していたため、ソフト間の移行時は自分でチェックをする箇所が多くありました。対して、当時の事務員は何もチェックしていなかったんです。例えば、法人税は当時から年度毎に適した申告書の様式が用意されていたり別表間の金額のチェック機能もあったため、入力するだけで全部出来上がってしまいました。 システム開発の面では発達しているからこそ、事務員がダメになってしまうと思いました。「こんなに何でもできたら従業員が育たない。別のソフトに買い替える!」と当時の営業マンに冗談交じりに言った記憶があります。

パソコンが普及する前から様々なICS製品をご使用いただいていますが、使い勝手はいかがですか?

みんな、これだけ便利なシステムはICS以外無いなと思っているんですよ。顧問先と繋がれば良いなと思っていたら上手くんシリーズがリリースされて、パソコンを顧問先へ持参して処理したいなと思っていたらVPNのシステムが開発されたり、災害発生時にデータが心配だなと思っていたらストレージ(IISS)が開発されたり。我々の希望に寄り沿ってくれている感じがして、非常に良いと思います。 担当営業も、ちょっとしたことで電話してもすぐに駆けつけてくれます。プログラムに関しても、すごく使いやすいし改正への対応も早いし、使い勝手は良いですね。

専門的なプログラムもサポートしてくれて助かっています

ICSはどれくらい使用されていますか?

事務員として入所してから約11年、ずっとICSを使用しています。入力業務から始まり、現在は工事台帳も担当しています。

工事台帳で不便なところはありますか?

今は不便なところはありません。過去に遡って挙げるとすると、経理方式が容易に切り替えできない点でした。工事台帳は経理的には税抜き処理なのですが、顧問先では税込みで計算していて、突合するために「税込みで見たい」と言われる顧問先がいました。その際は、大変な手間ではあったのですが、工事台帳を税込みにするためだけに毎月マスターをコピーして切り替える処理を行っていました。でも今は即座に切り替えられるようになったことで、実際の利益と税込みの時の粗利益がすぐ把握できてすごく助かっています。

サポート面についてはいかがですか?

日常的にサポートセンターに問い合せているのですが、みなさん自分で同じ状況を作って試してくれますよね。やらずに「わかりません」というのは無くて、1回試してみて「これはできないようです」と言ってくれます。そして「改善できるように上に報告します」と、すごく親身に、前向きに対応してくれるのですごく嬉しいです。「できません」で終わってしまうメーカーも多いと思うんですが、そこはすごくありがたいなと思います。 数か月後に「改善しました」って連絡をもらうこともあるんですよ。ちゃんとやってくれてるんだなって感じました。

顧問先とのデータのやり取りも問題ありません

顧問先とのやり取りはどのようにされていますか?

自計化している顧問先は多いです。数字を今知りたい、と思う顧問先が多いからだと考えています。上手くんシリーズを使用している顧問先もいますし、他社ソフトを使用している顧問先もいます。以前はデータ移動できない他社ソフトもあり非常に困っていましたが、今はほぼ対応していて、どちらも問題なくやり取りしています。

ICSの導入を検討している方に向けて

ICSを検討中の方にお勧めの点はありますか?

新規開業の方にはとてもおすすめです。ICSがあったら全部できますから。 あと、サポートしてくれる。細かいことでも本当に丁寧に対応してくれるし。1人で開業しても心強いと思います。

担当営業から一言

税理士法人Comsia様は、長期にわたりICSのシステムをご利用いただいているユーザー様です。前川先生を筆頭に数多くの勤務税理士の先生方やスタッフの皆様がICSのシステムに精通されていて、担当営業の知らない事でも詳しくご理解いただいております。 又、様々なシステム導入にも大変前向きな考え方を持っておられ、OCRに始まり、VPNや原票会計S、に至るまでICSの製品を多数導入いただいております。 前川先生は私と同年齢の為、将来的な構想や方向性など様々な相談ができる数少ない先生の一人です。

導入製品の詳細はこちら
Atlasシリーズの詳細
すでにPCをお持ちの方はこちら
ICS ATOMⅡの詳細