オンデマンド配信セミナー

スキャンから始まる会計システム利用法 令和3年の電帳法改正

開催日時
2021年8月2日(月)10:00~ 2021年8月13日(金)17:00
区分
オンデマンド配信セミナー
受講料
無料
主催
日本ICS株式会社
内容

『スキャンから始まる会計システム利用法』

~令和3年の電帳法改正 大幅要件緩和に向けて(令和4年1月1日から適用)~

この度来年(令和4年)から施行が予定されております電子帳簿保存法の大幅税制改正において、要件が緩和される一方で規制強化も図られており、改正電子取引制度(電帳法7)では、代替措置である紙出力保存が廃止され、電子取引を行った場合には、原則通り、電子データでの保存が義務付けられ、その電子データの検索要件への適応も必須となります。(但し、判定期間売上高が1000万円以下の場合を除く)
つまり大半の事業者が強制的に適用となり、経理部門だけで無く、全社的なシステム対応への検討が急がれております。それで弊社の5年前から商品化しております、『原票会計Sシステム』について動画にてご紹介をさせて頂きます。不定形の領収書や請求書などの証憑からスキャン認識により仕訳データを生成し、シームレスに会計システムへ連携致します。また電子証憑は仕訳と紐づいた状態で10年間保存が出来、検索要件への対応を始め、スキャナ保存制度及び電子取引制度への完全対応をしております。サブシステムのモバイル機器を利用した『原票モバイルシステム』についても、運用方法を交えてご覧頂く事が出来ます。
今回のセミナーは、数多くの方に視聴頂ける様にオンデマンド方式にて実施致しますので、弊社ホームページのイベントサイトよりお申込みの上、御参加下さいます様、宜しくお願い申し上げます。

注意事項

1.申し込みフォームの「人数」には「1」を入力し、お一人様毎にお申込み頂きますようお願いします。

2.申込完了後は、弊社【seminar13-co@icsics.co.jp】より受付完了メールを必ず送信しています。

※メールが届かないお客様は迷惑メール防止機能によりメールが迷惑メールと間違えられている場合があります。
※恐れ入りますが迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられている可能性がありますので、一度ご確認いただきますようお願いします。