ソフトウェア

財務会計システム

経験と技術の集大成
会計事務所を新たなステージへ

財務会計システム一覧

システム 区分 概要
財務処理db 法人・個人 会計処理のビギナーからベテランまで、幅広いお客様にお使いいただけるよう、豊富な入力モードやアシスト機能を備えています。6階層におよぶ部門管理などきめ細やかなデータ管理環境を実現し、経営指針決定に必要な財務資料を作成できます。
建設 建設業特有の会計処理に合わせたシステムは、日々の入力作業の効率化を図るためのさまざまな工夫を施しています。例えば、期中において未成工事支出金科目で計上している場合、工事完成時の工事原価科目への振り替え処理も一括で行え、効率的な処理が可能です。
病院 病院会計準則に準拠した病院や診療所専用の勘定科目を設け、病院会計専用の財務諸表の作成に対応しています。医業収益科目としては「入院診療収益」「外来診療収益」のほか、複数の収益科目を設けています。医業費用科目としては「医療品費」「医療消耗器具備品費」などの科目のほか、委託費についてもより詳細に管理ができるよう複数の科目をご用意しています。
運送 運送業の会計原則に基づいた科目体系で会計処理が行えます。収入科目は「運送収入」「付帯収入」「他運送収入」と複数の収入分類を設けています。経費科目では、「車両修繕費」「車両償却費」の科目のほか、保険料や租税科目についても複数の科目を設けるなど、会計処理を進めるにあたり、有用な科目を標準で備えているためスムーズに処理を開始できます。
表形式 財務会計システムで入力した財務データから、さまざまなフォーマットのCSVファイルを作成できます。CSVファイルにデータを入力し、財務会計システムに取り込むこともできます。Excelなどのソフトウェアを使用して加工することで、独自の帳票を作成することもできます。
パソコン変換 顧問先が他社のソフトウェアを使用している場合でも、仕訳データなどを持ち帰り、財務会計システムに簡単に取り込むことができます。取り込んだデータは、財務会計システムで入力したデータと同様に、帳票の作成や決算書の出力、消費税申告書への連動などを行うことができます。
資料せん 税務署からの要請に応えられるよう、取引先、取引内容、金額等の情報を提供するための資料せんの作成が行えます。紙への出力だけでなく、CSVファイルへの出力にも対応しています。
経営計画 将来の損益や資金状況などを各業務とのデータ連動や数値、比率の設定により簡易策定することができ、簡単に経営計画書まで作成できます。策定した数値は、日本政策金融公庫や中小企業庁の支援策で必要とする経営改善計画書のExcelテンプレートに出力することができ、要件に合わせて編集し、活用することで、顧問先の未来をサポートします。
公益法人Ⅲdb   顧問先ごとの独自の事業形態に対応し、複数の事業を取り扱う場合には事業ごとに区分した事業費や管理費の管理が行えます。複雑な公益法人独自の帳票作成も、事前に設定された科目を元に処理を進めることにより簡単に作成することができるため、負担なく公益法人の会計処理を行うことができます。
社会福祉法人db   会計基準に則った科目体系をベースに、顧問先の事業に合わせた独自科目の追加や変更も簡単に行えます。科目は「貸借対照表科目/事業活動収支計算書科目/資金収支計算書科目」より構成されており、貸借対照表科目と事業活動収支科目を用いて仕訳入力を行うことで、自動的に資金収支計算書・事業活動収支計算書を作成できます。
宗教法人db   宗教法人法で提出を義務付けられている財産目録や収支計算書をはじめ、正味財産増減計算書など宗教法人会計の指針に示される計算書類の作成が行えます。専門の科目体系を使用することで、簡単に専門帳票を作成することができます。
学校法人db   学校会計特有の会計処理に対応し、資金収支計算書・消費収支計算書・貸借対照表はもとより、固定資産明細書、借入金明細書、人件費支出内訳表、財産目録など多彩な書類が作成できます。
銀行データ取込システム 銀行CSV取込 金融機関の預貯金データやクレジットカードの支払明細書データのCSVファイルを取り込み、財務会計システムの仕訳データを自動で作成することができます。取引データを取り込むだけの簡単な操作で仕訳データが自動作成されるため、入力のミスがありません。
銀行データ受信(FinTech対応) マネーツリー株式会社が提供する「Moneytree」と連携することにより、インターネットを通じて銀行・クレジットカード・電子マネーなどの取引データを自動で受信し、財務会計システムの仕訳データを作成することができます。
業務システム連携 販売管理取込システム 他社の販売管理システムや仕入・在庫管理システムからCSVで出力した仕訳データを財務会計システムに取り込み、データを効率的に管理します。
プレビリング   財務会計システムで入力した仕訳データを伝票に出力できます。また、仕訳を直接入力することもでき、起票の手間を省いて効率を高めることができます。
建設業経営事項審査   建設業者の企業規模や経営状況などの客観事項を数値化し、経営事項審査における評点をシミュレーションすることで、経営事項審査で必要となる要件を満たしているかどうかの確認を行うための各種帳票を作成できます。