協議会

HOME > 協議会 > ICS協議会とは

ICS協議会とは

情報交換および会員相互の親睦をはかる会員数1万人のユーザー会

『導入したコンピュータのもっと効率の良い利用方法は』『うちの事務所ではこういう使い方をしているが、他の事務所ではどんな使い方をしているのか』等コンピュータ利用にまつわる様々な悩みやその情報をICSコンピュータ会計システムを利用しているユーザーや日本ICS株式会社等ICSシステムに関わりを持つ者同士により、全国規模で会員相互の情報交換や研修を行い、その親睦や同システムの普及向上を目的として結成され、会員数約10,000人を誇るユーザー会『全国ICS協議会』があります。

全国ICS協議会と地区ICS協議会

ICSシステムの利用者は自動的に全国ICS協議会会員としてその特典が得られます。全国ICS協議会は、昭和49年に結成され、コンピュータ利用のユーザー会において屈指の規模と歴史を持つ、結束力に優れた全国組織のユーザー会です。また、任意加入による全国46に及ぶ地域ICS協議会があります。北海道から沖縄までの全国46地域に及ぶ地域ICS協議会は、ICSシステムを利用する会計事務所が中心となり、メーカー、販売代理店、サプライ会社、システム研究所の5者により運営され、その5者によりつくられた『システム委員会』で各種システムの改良、新システムの開発を行う等、コンピュータ利用の一層の充実と会員相互のさらなる親睦を図る非常に意義のある組織です。